【神経障害を起こさない!】手術の体位固定、それぞれの観察ポイント【手術室看護師のお勉強】

手術の体位固定!
それぞれの体位について、観察ポイントをあげてみたよ~!

もくじ

仰臥位の観察ポイント

両手開きで固定していると、術中に外科の先生が寄りかかったりしちゃう…!
定期的に腕が落ちていないか、圧迫されていないか確認していたよ!

側臥位の観察ポイント

【側臥位】腋窩枕ってなんのため?

腋窩枕の目的
  • 腕神経叢・腋窩神経・橈骨神経障害予防
  • 腋窩動脈・静脈の血流確保

体型によっては、腋窩枕がいらないことも!
拳1個分のスペースがあるか確認💡
腋窩枕を入れたら、橈骨動脈が触れるかチェックしてたよ!

腋窩枕専用のものもあるし、丸めたバスタオルを使う時もあるよ!
(体型による)

腹臥位の観察ポイント

麻酔科の先生によっては、患者の顔の下に鏡を置いて、顔色やチューブのズレがないや確認していたよ!

砕石位の確認ポイント

体位のローテーション後や下肢の上げ下げ後は必ずチェック!
圧迫されていないか、手術台と身体がズレていないか、確認するよ
場合によっては、先生に声を掛けて用手的除圧(背抜き)を行うときも!

座位(ビーチチェア)の確認ポイント

座位は頭部~頸部にかけて屈曲・伸展しやすい!
あとは、上肢は台からずり落ちやすい!!

定期的にチェック、観察します。

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
もくじ