MENU
しゅがー
手術室看護師
准看護師3年(療養病棟)
正看護師6年(手術室)

【資格】
・正看護師
・YMAA認証マーク取得
・KTAA認証マーク取得

【Instagram】
🌸メディカ出版│月刊誌「オペナーシング」にエッセイ連載
🌸メディカ出版│学び方を学ぶ、選択肢を増やす「メディカLIBRARY」にエッセイ連載
🌸クラシコ株式会社│看護師の毎日を応援するライフスタイルメディア「NURSE LIFE MIX」NLMメイトとして記事連載中

【第2弾】オペ看のための周術期クイズ📝【周術期管理チーム認定制度の筆記試験勉強にも!】

もくじ

【第2弾】周術期クイズ📝

クイズと回答は基本的に周術期管理チームテキスト第4版とガイドラインの中から出題しています。

問題ごとに該当のページも書いてありますので、お勉強にお役立てください。

周術期管理チーム認定制度の筆記試験勉強にも使ってね!

参考にしているもの

※テキストを見ながら慎重に作成していますが、もしかしたら間違いもあるかもしれません。情報によって生じた不利益、損害等については一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。

\クイズ更新中/

問題1【術中心停止について】

間違っているのはどれ?

  • 術中心停止でもっとも多いリズムは心静止である
  • 院外・院内の心停止と比較して予後が悪い
  • 循環血液量減少性ショックに対しては、急速輸液を実施する
  • 心電図を評価し、心室細動なら電気ショックの準備をする
回答

2:院外・院内の心停止と比較して予後が悪い

👇
院外・院内の心停止と比較して予後がよい。

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問1)
日本麻酔科学会/術中心停止に対するプラクティカルガイド

問題2【周術期のアナフィラキシーについて】

間違っているのはどれ?

  • あらゆる薬剤で発症する可能性がある
  • 原因としては筋弛緩薬が最も多い
  • 血中ヒスタミンとトリプターゼ値が確定診断につながる
  • 治療の第一選択はノルアドレナリンである
回答

4:院外・院内の心停止と比較して予後が悪い

👇
アナフィラキシーの治療の第一選択はアドレナリンである。

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問2)
周術期管理チームテキスト第4版 p602ー604

問題3【清浄度クラス分類について】

間違っているのはどれ?

  • 高度清潔区域(クラスⅠ)の室内圧は陽圧である
  • 滅菌器材を展開する際は清潔区域(クラスⅡ)の部屋でおこなう
  • ICUは準清潔区域(クラスⅢ)である
  • 一般清潔区域(クラスⅣ)の室内圧は陰圧である
回答

4:一般清潔区域(クラスⅣ)の室内圧は陰圧である

👇
一般清潔区域(クラスⅣ)は回復室や一般病室などが該当する。
汚染管理区域(クラスⅤ)の室内圧は陰圧である。

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問3)
周術期管理チームテキスト第4版 p190ー192

問題4【安全管理技術について】

間違っているのはどれ?

  • 添付文書は、取扱説明書よりも上位の公的文書である
  • 医療機器の購入にあたっては医師と相談する
  • 故障率曲線の摩耗故障期では故障率が高まる
  • 日常点検・定期点検の報告書は3年間または有効期限に1年を加えた年数保管する
回答

2:医療機器の購入にあたっては医師と相談する

👇
医師だけでなく、専門知識を有する者や日常使用する医療従事者と相談し選択する。

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問4)
周術期管理チームテキスト第4版 p165ー170

問題5【シリンジポンプ・輸液ポンプについて】

間違っているのはどれ?

  • シリンジポンプは、専用のディスポシリンジを使用する
  • シリンジポンプは、血管外注入漏れは検知できない
  • 輸液ポンプの滴数制御型は、輸液セットに合わせて20滴/mLか60滴/mLにあらかじめ設定する
  • 輸液ポンプは、前面ドアを開錠する場合、クレンメを開放してからおこなう
回答

4:輸液ポンプは、前面ドアを開錠する場合、クレンメを開放してからおこなう

👇
輸液ポンプは、前面ドアを開錠する場合クレンメを閉塞してからおこなう

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問5)
周術期管理チームテキスト第4版 p157ー158

問題6【成人のアナフィラキシーショックの対応について】

間違っているのはどれ?

  • 治療第一選択薬はアドレナリンである
  • 投与法は、アドレナリン0.3mgを大腿部前外側に皮下投与である
  • アドレナリン投与後、症状が改善しない場合は5~15分ごとに再投与する
  • アドレナリン投与の遅れや投与量の不足が死亡と関連している
回答

2:投与法は、アドレナリン0.3mgを大腿部前外側に皮下投与である

👇
投与法は、アドレナリン0.3mgを大腿部前外側に筋肉内投与である

※参考文献
2023年度周術期管理チーム認定 筆記試験問題・解答(B問題/問6)
周術期管理チームテキスト第4版 p603

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
もくじ