「はじめての手術看護」オペ看の参考書レビュー【新人手術室看護師におすすめ】

もくじ

新人看護師、オペ看のお勉強方法は?

看護学生の時、手術室看護師についてはほとんど習ってないよ!?

そんな方、多いですよね。
私も「直接介助」と「間接介助」…そのくらいしか習ったことがなかったです。
なので、つまり…
手術室看護師になったら、イチからお勉強しなきゃいけない
と、言うことです…。

解剖生理・手術器械・術式・麻酔の知識…
1年目は本当に大変でした…。

そして、看護学校で使った教科書があまり役に立たないのです…。

手術室のことはほとんど書いていない!!

なので、参考書などを見てお勉強をしていました。

紹介したこの本は、全て自分で購入したもの。
「これが分かりやすかった!」と思った本です。
是非参考にしてください。

NEWはじめての手術看護: “なぜ”からわかる、ずっと使える!

写真多くて分かりやすい~!

こんな方にオススメ!

  • お写真がたくさん見たい!
  • まずは手術看護の基本や根拠を知りたい…!
文章量やや多め
イラスト?写真?イラスト<写真
値段税込2,970円
発行年22年4月

\試し読みができるよ!/

本屋さんで出会いました!
パラパラ~っと見て、即レジへ。

何が良かったかというと…

イラスト(図解)や手術器械や体位固定の写真が多い!

イラストやお写真が多いです。
おすすめは、4章の体位固定!
参考書を見ても、文章で書かれているのでイメージしにくい…。
それが、実際のお写真が見られるんです!

こんな方にオススメ!

  • なんとなく体位固定を行っている方
  • 特に注意する神経や関節可動域がよく分からない方
  • どこを除圧しなくてはいけないか、その根拠が分からい方

体位別に仰臥位・側臥位・腎体位・腹臥位(4点フレーム)・座位・砕石位(頭低位)・パークベンチ位・ジャックナイフ位・ロボット支援下手術の体位…それぞれ、体位のポイントや注意ポイント、それをお写真で載せてあるのでとても分かりやすいです。
そして、もちろんフルカラー!!すごすぎるー!!!

解剖と体位固定の注意ポイントを照らし合わせるとさらに理解が深まります!

根拠アイコン・注意アイコン・ポイントアイコン

それぞれ、文章やお写真に根拠アイコン・注意アイコン・ポイントアイコンがついているので、大事な場所がすぐ分りやすいです。
特にステキなのが根拠アイコン!

先輩にツッコまれても、根拠を述べられるので大丈夫です!

知りたいことが詰まってる!

  • 感染管理の基本
  • 術前・術後のアセスメントとケア
  • 外回り看護
  • 体位固定
  • 麻酔
  • 術中の管理とモニタリング
  • 器械出し看護
  • 手術看護

知りたいことが詰まっています!

外回り看護と器械出し看護、両方があるのが嬉しい!

ただ、器械出し看護は基礎的なことだけなので、術式については別でお勉強が必要です…。

術式や手技はこちらの参考書がオススメです👇

最新版の参考書!

医療の世界は日進月歩…!

どんどんアップデートしていかないと、置いていかれるなぁと感じています。
ガイドラインやエビデンス…日々変わっていくので、古い参考書より最新版の参考書の方がいいな!って思っています。

ちなみに「はじめての手術看護」は

2022年4月1日発行

最新版です!!

もし良かったら、参考にして下さいね~!

この記事を書いた人
しゅがー

療養病棟3年(准看)→手術室5年(正看)
手術看護が楽しくなった人✨
手術室看護師のお勉強アカウントを運用中。

\フォロワー4.5万人/
Instagramはこちら

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
もくじ