MENU
しゅがー
手術室看護師
准看護師3年(療養病棟)
正看護師6年(手術室)

【資格】
・正看護師
・YMAA認証マーク取得
・KTAA認証マーク取得

【Instagram】
🌸メディカ出版│月刊誌「オペナーシング」にエッセイ連載
🌸メディカ出版│学び方を学ぶ、選択肢を増やす「メディカLIBRARY」にエッセイ連載
🌸クラシコ株式会社│看護師の毎日を応援するライフスタイルメディア「NURSE LIFE MIX」NLMメイトとして記事連載中

【2024年最新】看護師転職成功を目指すポイントやおすすめ転職サイトを紹介!

看護師として働く中で、今の職場に不満を感じる人は多いです。
看護師が転職を考える理由として多いのは、人間関係や厳しい労働条件、体力的な負担などです。
この記事では、看護師が転職に成功するためのポイントを紹介します。

看護師が転職に成功するためには、かなえたい条件を整理し、情報収集を積極的に行うことが重要!!

記事を読むと、看護師の転職を成功させるポイントを理解できます。

もくじ

看護師が転職する主な理由

看護師が転職を考える理由は、以下の3点です。

  • 人間関係のストレス
  • 厳しい労働条件
  • 体力的な負担

人間関係のストレス

人間関係のストレスは、看護師が転職を考える大きな理由のひとつです。
上司や同僚とのトラブル、いじめやハラスメントなどが横行している職場では、精神的なストレスは大きくなります。

評価や昇進の不平等感によって、転職を考える看護師も多くいます。
派閥やグループが存在する職場は、仕事とプライベートの境界も曖昧になりやすく、ストレスを感じやすいです。
相談できる相手がいない孤立感や疎外感も、転職を決意する理由になります。

人間関係のストレスが積み重なると、看護師は転職を考えるようになります。
人間関係のストレスは、転職によって解決せざるを得ないケースが多いです。

厳しい労働条件

看護師の仕事は、厳しい労働条件が特徴です。
長時間労働や夜勤、オンコール、シフト制、休暇の取りにくさなどが問題になります。
入院環境のある病院で働く看護師は、夜勤やシフト勤務を行わなくてはなりません
不規則な勤務は生活リズムが乱れやすく、健康を害するリスクも高まります。

休日出勤や残業が多いのも問題です。
看護師の仕事は予期せぬ事態が発生し、緊急時の対応を求められることも多いです。
人手不足が原因で過重労働になりやすく、計画通りに休みを取れない場合もあります。

肉体的・精神的なストレスが大きい点も無視できません。
患者とのトラブルやクレーム対応も多く、精神的なプレッシャーがかかります。
設備面が不十分な場合も、働きにくさを感じてストレスになります。
仕事内容に対して、賃金が安すぎると感じる看護師も多いです。

厳しい労働条件によって、身体的・精神的負担を感じた結果、転職を考える看護師が増えるのは自然な流れです。

体力的な負担

体力的な負担も、看護師が転職を考える大きな理由になります。

看護師が体力的な負担を感じやすいのは、以下のような状況です。

  • 長時間の立ち仕事
  • 夜勤や交代制勤務
  • 突発的な緊急対応

看護師の仕事は多忙で体力的な負担も大きいため、疲労が蓄積します。
夜勤や交代制勤務によって生活リズムが乱れやすく、十分な休息を取れないことも多いです。
体力の限界を感じたことで、転職を考える看護師も少なくありません。

» 看護師の退職理由と伝え方のポイントを例文付きで解説!

看護師の転職先を選ぶ方法

看護師の転職先は、以下のポイントをもとに選びましょう。

  • 施設形態から探す
  • 診療科から探す
  • 勤務形態・雇用形態から探す
  • 給与・待遇面から探す

施設形態から探す

施設形態から探す方法は、働き方や職場の雰囲気を重視する場合におすすめです。
病院やクリニック、訪問看護ステーションや介護施設など、選択肢は多岐にわたります。

病院は看護師の主な転職先です。
大規模な病院は診療科が豊富で、最新医療の知識や経験を幅広く積めます
緊急対応を求められる場面も多く、スピードと正確さが重要です。

クリニックでは、患者とのコミュニケーション能力が重視されます。
訪問看護ステーションでは、限られた時間で看護ケアを提供できるスキルが必要です。
介護施設では、高齢者ケアに特化した知識と経験が求められます。

施設形態によって、それぞれ特色があります。
経験やスキル、ライフスタイルに合った施設を選ぶと、より充実したキャリアを築くことが可能です。
自分に合った施設形態で働くことが、長期的な仕事の満足度向上にもつながります。

診療科目から探す

診療科目から探す方法は、専門性を深めたい看護師に適しています。
自分の興味や得意分野に合わせた診療科目を選ぶことで、満足度の高い職場環境を手に入れやすいです。

内科や外科、整形外科などの主要な診療科目では、配属先に応じた知識やスキルが必要です。
幅広く経験を積みたい場合におすすめされます。
小児科や産婦人科は妊産婦や褥婦、小児に対する専門的なケアが求められます。
子どもが好きな方や、助産師を目指している看護師にはぴったりです。

精神科は精神的ケアが専門です。コミュニケーションスキルを磨きたい方にとっては、やりがいを感じられます。
リハビリテーション科は、回復をサポートすることに重きを置いています
退院支援や回復期の看護を学びたい方におすすめです。

手術室は、高度な技術と迅速な判断力が求められる場です。
緊張感があり、常に最新の医療技術や知識をアップデートする必要があります。
手術に立ち会うことで直接的な治療の一部を担うことができるため、手応えを感じやすいです!
チームワークも重要で、医師や他の医療スタッフとの連携が不可欠ですよ!

診療科目によって特徴や必要なスキルは異なります。診療科目から転職先を探せば、キャリアパスを明確にできます。

勤務形態・雇用形態から探す

勤務形態・雇用形態から探す方法は、生活スタイルや家庭の事情を考慮しやすいです。
看護師にはさまざまな働き方があるので、ライフスタイルに合った働き方を選びましょう。

日勤のみの勤務形態は、子育てとの両立や規則的な生活を送りたい看護師におすすめです。
身体的な負担が少なく、プライベートの確保もしやすくなります。
夜勤専従は手当がつくため、高収入を狙いやすいです。
夜勤によって、体内リズムを崩しやすい点には注意が必要です。

キャリアアップや安定した収入を希望するなら、正社員や常勤が向いています。
プライベートとの両立を重視するなら、パートや非常勤が良いです。
勤務形態・雇用形態を明確にすると求人情報を絞り込みやすく、効率的な転職活動ができます。

手術室は日勤のみの勤務形態も多く、育休明けに手術室配属になることも多いですね。

給与・待遇面から探す

給与や待遇面は重要なポイントです。昇給制度や福利厚生、研修制度など待遇が整った職場を選べば安心して働けます。

チェックするポイントは、下記のとおりです。

  • 基本給や時給の水準
  • 各種手当の水準
  • 残業や休日出勤の有無
  • ボーナスや昇給のタイミングと金額
  • 産休・育休や介護休暇の取得状況
  • 年間休日数や有給休暇の取得率
  • 住宅手当や補助金など福利厚生の有無
  • 退職金制度や企業年金制度の有無

収入の高さは働き続ける強いモチベーションになりますが、責任や業務量も増える傾向にあります。
各種手当や補助金、休暇などの待遇が整っていると、ライフステージの変化にも柔軟に対応できます。

看護師におすすめの転職サイト

看護師におすすめの転職サイトは以下のとおりです。
看護師にとって、転職サイトの利用はメリットが大きいです。

  • 看護roo!
  • レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)
  • ナース人材バンク
  • その他のおすすめ転職サイト

転職サイトを利用すれば、無料で豊富な求人情報と専門的なサポートが受けられます。

看護roo!

看護roo!は、豊富な求人情報と充実したサポート体制が特徴です。
非公開求人も多く取り扱っているので、他では見つからない優良な求人に出会える可能性があります。

シフト管理アプリや看護技術の動画など、看護師向けサービスを多数提供している点も魅力です。
看護roo!は利用者満足度が高く、多くの看護師に利用されています。

レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)は全国の求人に対応していて、LINEでも連絡できる手軽さが特徴です。
アドバイザーが履歴書の添削や面接対策を行ってくれるので、転職活動をスムーズに進めやすくなります。

求人情報の検索機能が使いやすく、効率的に転職活動を進められます。
悩み解決のサポートを重視したサービスが評判で、初めての転職でも安心です。

ナース人材バンク

ナース人材バンクは業界最大級の求人数を誇り、アドバイザーによる手厚いサポートも受けられます。
全国各地の求人情報を網羅しているため、都市部だけでなく地方で転職したい看護師にも利用されています。

派遣やパートの求人情報も多く、正社員以外の働き方を希望する看護師にもおすすめです。
アドバイザーは勤務環境や待遇に関するリアルな情報も提供してくれるため、安心して転職活動ができます。

その他のおすすめ転職サイト

他にも看護師を対象とした、おすすめ転職サイトは下記のとおりです。

  • マイナビ看護師
  • 看護師ワーカー(旧医療ワーカー)
  • ジョブメドレー
  • ナースではたらこ
  • 看護師求人EX

マイナビ看護師は高い信頼性とブランド力があり、対面での直接相談もできます
看護師ワーカー(旧医療ワーカー)は全国規模の求人を扱っており、オーダーメイド型のサポートが特徴です。

ジョブメドレーにはスカウト機能があり、匿名で質問できたり企業から直接連絡をもらえたりします。
ナースではたらこは職場の内部情報が充実していて、職場の雰囲気や働きやすさを知った上で応募できます。
看護師求人EXは求人が充実しており、サポートの質も高いです。

転職サイトによって、特徴やサービスは異なります。
転職活動を成功させるためには複数のサイトに登録し、幅広く情報を収集するのがポイントです。

看護師の転職を成功させるためのポイント

看護師の転職を成功させるためには、以下のポイントがあります。
ポイントを押さえて転職活動を行えば、より効率的に転職活動ができます。

  • 転職でかなえたい条件を整理する
  • 積極的に情報収集する
  • 転職サイトに登録する
  • 複数の求人を比較して検討する
  • 職場見学をする

転職でかなえたい条件を整理する

転職を考える際には、自分が転職でかなえたい条件を整理することが重要です。
条件を明確にすると、自分に合った求人を見つけやすくなります。

具体的には、以下の条件について整理してください。

  • 勤務時間やシフト
  • 給与や各種手当
  • 通勤時間や勤務地
  • 診療科目
  • 職場の雰囲気や人間関係
  • 福利厚生やサポート体制
  • 看護師としてのキャリア目標

仕事への価値観や目標を整理することで、自分に合った求人情報を効率的に見つけやすくなります。

積極的に情報収集する

積極的な情報収集は、転職活動を成功させる鍵です。
転職サイトや求人情報はこまめに確認し、最新の情報をキャッチできるように心がけます。
SNSや知人からの口コミなどを活用するのも良い方法です。
口コミによって、求人情報では分かりにくい現場のリアルな状況を知れます。

セミナーやイベントに参加して、情報交換やアドバイスをもらうのもおすすめです。
転職サイトのアドバイザーに相談すると、効率的な情報収集が可能です。
求人情報や口コミの提供、転職活動のサポートを行ってくれます。

気になる病院やクリニックの公式サイトも、定期的にチェックしましょう!
求人情報や最新ニュースが掲載されることも多く、転職活動に役立ちますよ~!

転職サイトに登録する

看護師向け転職サイトへの登録は、効率的な転職活動を進めるために重要です。
転職サイトには、独自の非公開求人が多数掲載されている場合もあります。
非公開求人は好条件のことも多く、希望通りの転職先を見つけられる確率が高くなります。

転職活動を進める際には、複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。
サイトごとに独自の求人情報が掲載されており、複数登録すればより最適な職場を見つけやすくなります。

アドバイザーからのサポートを受けられる点もメリットです。
応募書類の添削や面接対策を行ってくれるため、転職活動がよりスムーズになります。
転職サイトへの登録は、転職活動を成功させる強力な味方になります。

» 看護師が転職サイトを使わない方がいいと言われる理由を解説!
» 看護師の履歴書の書き方と注意点、看護師特有のポイントを解説!

複数の求人を比較して検討する

複数の求人から比較検討することで、最適な職場を選びやすいです。
比較する際には勤務時間や給与、福利厚生などに優先順位を付けた上で比較すると良いです。

求人票の情報は詳細まで確認し、希望条件に合っているかチェックするのも大切。
評判や口コミも比較すれば、働きやすさや職場環境を把握しやすくなります。
応募する求人を絞り込む際には、転職サイトのアドバイザーに相談するのもおすすめです。
専門家からのアドバイスにより、求人選びがよりスムーズになります。

複数の求人を比較して検討するのは、面接対策にも効果的です。

応募した理由や職場の特徴が明確になり、自信を持って面接に臨めます!

職場見学をする

なるべく職場見学をしてから、面接に応募するのをおすすめします。

職場見学をおすすめする理由は、以下のとおりです。

  • 職場やスタッフの雰囲気を直接確認できる
  • 仕事内容や設備関係の確認がしやすい
  • 質問や疑問点を職場見学時に確認できる

職場見学によって働く環境を具体的にイメージでき、ミスマッチを防げます。
転職サイトによっては、アドバイザーが職場見学や面接に同行してくれる場合もあります。
自分では質問や相談しにくい内容も、アドバイザーがフォローしてくれるため安心です。

看護師の転職に関するよくある質問

経験やスキルがなかったり、転職回数が多かったりすることで不安を感じている看護師は多いです。
転職や退職に不安を感じる場合は、事前の対策が重要になります。

経験やスキルがなくても転職できる?

看護師は未経験者歓迎の求人も多いため、経験やスキルがなくても転職は可能です。

経験やスキルに自信のない看護師が転職するコツは、下記のとおりです。

  • 転職サイトを活用する
  • 研修制度が充実している職場を選ぶ
  • 研修や資格取得などでスキルを補う
  • 面接時に転職理由や意欲を伝える

転職サイトは求人数が豊富で、未経験歓迎の求人を探しやすくなります。
アドバイザーが転職活動全般をサポートしてくれるため、初めての転職でも安心です。
経験やスキルに自信がなくても、情報収集やサポートを受けることで、希望する転職をかなえられます。

人手不足でも辞められる?

法的には退職の権利があるため、人手不足でも辞めることは可能です。
労働基準法では、退職を希望する2週間前に申し出れば退職できると定められています。

円満に退職するには早めに上司や人事担当者に伝え、引き継ぎや業務の整理に協力することが重要です。
退職理由を明確にした上で誠実に対応すれば、円満に退職しやすくなります。

人手不足を理由に拒否された場合は、退職できる権利を主張しましょう。

転職回数が多くても転職できる?

転職回数が多くても転職は可能ですが、理由を説明できるように準備する必要はあります。
同じ理由で転職を繰り返している印象を持たれないように、注意してください。

転職理由としては、スキルの習得やキャリアアップを目指したいといった、前向きな理由がおすすめです。
ポジティブで前向きな姿勢は、良い印象を与えやすくなります。
これまでのスキルや経験を明確に伝えるのもポイントです。

専門性や資格をアピールすれば、面接官に信頼されやすくなります。
転職回数が多い理由を前向きに説明し、スキルや経験をしっかりアピールすると、転職に成功しやすくなります。

まとめ

看護師が転職に成功するためのポイントは以下のとおりです。

  • 転職でかなえたい条件を整理する
  • 積極的に情報収集する
  • 転職サイトに登録する
  • 複数の求人を比較して検討する
  • 職場見学をする

看護師向けの転職サイトを利用すると、豊富な求人情報を入手できたり、転職サポートを受けられたりします。

適切な準備と情報収集を行えば、理想の転職をかなえやすくなりますよ!

この記事を書いた人
しゅがー

療養病棟3年(准看)→手術室6年(正看)
手術室看護師のお勉強アカウントを運用中✨

「メディカLIBRARY」にエッセイ連載
オペナースしゅがーの脳腫瘍日記

「NURSE LIFE MIX」NLMメイトとして記事連載中
オペ看ラボ
漫画:しゅがーは手術室にはいられない

\フォロワー4.7万人/
Instagramはこちら

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
もくじ