手術で使う縫合糸(縫合針)のパッケージ、どう見るの?デタッチ・コントロールリリースってなに?【手術室看護師のお勉強】

〇〇の針持ってきて!って言われたけど、沢山あって分からない!!

手術室には沢山の針糸があります。
今回は、縫合糸のパッケージについてお勉強してきました。

スライドして見てね👍

もくじ

縫合糸とは?

臓器を縫ったり、つなぎ合わせたり。
手術には、沢山の針や糸を使用します。
吸収性と非吸収性、合成素材と天然素材、単糸(モノフィラメント)と編糸(マルチフィラメント)…
縫合糸とひとことで言っても、さまざまな種類・素材などがあります。

縫合糸のパッケージの読み方

  1. 糸の太さ
  2. 糸の長さ
  3. 針のタイプ
  4. CRかどうか
  5. 使用期限

糸の太さ

⁡糸の太さは、米国薬局方 (USP)が定めています。
【細い】12-0・11-0・10-0……0・2・3…【太い】
「3-0」と「3」なら、3-0の方が細い!

10-0くらいになるとすぐどこかにすっ飛ぶ…
そして見つからない…

糸の長さ

パッケージを見れば、糸の長さが分かります。

腹腔鏡手術で使う時は、糸が長すぎると邪魔になってしまいます。
「何センチで切りますか?」と先生に聞いています。

針のタイプ

  • Taper→丸針
  • Blunt→鈍針
  • Conventional→角針

CR(コントロールリリース)かどうか

「コントロールリリースの針糸が8本入っている」の意味。

CR(コントロールリリース)は、引っ張ると針と糸が離れます。
デタッチとも呼ばれます。

腹腔鏡手術で腹腔内では、デタッチ(CR)の針は基本的に使いません。

だって、腹腔内で引っ張ったらいちいち針と糸が離れちゃったら縫合が進まないもんね…

使用期限

使用期限です。
術野に出す前に確認しましょう。

外回りも、器械出しも、針糸を術野に出す時には使用期限を確認する癖をつけるようにしているよ!

【参考文献】
武田知子,NEWはじめての手術看護 “なぜ”からわかる、ずっと使える!,メディカ出版,2022,p168‐169

この記事を書いた人
しゅがー

療養病棟3年(准看)→手術室5年(正看)
手術看護が楽しくなった人✨
手術室看護師のお勉強アカウントを運用中。

\フォロワー4.5万人/
Instagramはこちら

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
もくじ